PADIのダイビングライセンスコース

ダイビングを趣味にしていると、海外旅行もより楽しくなりますね。
スキューバダイビングをするのには、ライセンス(Cカード)を提示しなければなりません。
ダイビングライセンスを取得するのは、実はとっても簡単。最短で3日あれば取れてしまいます。
スキューバダイビングの指導団体が定めたカリキュラムを終了するとライセンスが発行されます。
ダイビングライセンスを発行している指導団体で一番大きいのはPADI。アメリカが本部で世界中に支部があります。
日本でもダイビングスクールはPADIのカリキュラムを提供しているショップが圧倒的に多いです。
ダイビングを楽しく続ける為には、自分に合ったダイビングスクールを選ぶことがポイントです。その為にも実際に足を運んでチェックするのが一番ですね。
ダイビングスクールでは、様々なダイビングツアーの企画を用意しいるので、お友達もたくさんできてしまいます。
伊豆のダイビングポイントには、ウェットスーツのまま入れる温泉があるところもありますが、最高に気持ちいいですよ。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
まずは、体験ダイビングという方も多いですが、やはり楽しみの幅を考えるとかなり制限があることは確かです。
最近では中高年でダイビングを始める方も多くなりました。実際、海外では50~60代のダイバーなんて普通らしいです。

「ダイビングをしてみたいな・・・って4年前から思ってました。」なんていう人がよくいます。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にcertification(認定)カードの略でCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンス取得のコースは、通常4日間で終了しますから、けっこう気軽に受けることができます。
スキューバダイビングの指導団体が定めたカリキュラムを終了するとライセンスが発行されます。
ダイビングライセンスを発行している指導団体で一番大きいのはPADI。アメリカが本部で世界中に支部があります。
PADIのダイビングスクールなら、学科、プール、海洋実習をそれぞれ別のショップで受けることも可能です。
ダイビングスクールを選ぶ際は、通いやすいことも大切ですが、一番のポイントは信頼できるインストラクターがいることでしょう。
もし、一人でダイビングを始めても、ショップの主催するダイビングツアーに参加するとすぐに仲間ができてしまいます。
神奈川や東京のダイビングスクールなら、伊豆のダイビングポイントに行くツアー多いでしょう。
そして伊豆のダイビングである程度自信がついたら、ぜひ沖縄ダイビングデビュー。世界屈指のサンゴ礁があなたを迎えてくれます。
時々何度も体験ダイビングをしている人がいますが、やはり認定ダイバーになると楽しみの幅がちがいます。
最近は親子でダイビングを楽しんでいる人も多いです。中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもあるのでぜひ探してみてください。